未成年者が脱毛するときに注意すべきこと

未成年者が脱毛するときに注意すべきこと

 

未成年者の方でも女として綺麗になりたいのは同じですよね。
綺麗な素肌を持っている同級生なんかがいれば、すごく憧れてしまいますし、羨ましいものです。

 

近年では多くの脱毛エステティックサロンが未成年者の方の脱毛を許可していますが、
気をつけなければいけないのは、一般の社会人と同じようにコースに通うことはできないということ。

 

と言っても、何も脱毛の内容が変わるわけではないので安心してください。
ただ、いくつか気をつけてもらいたいところがあるので、それについて書いておきます。

 

親権者を説得しなければならない

 

まだ責任能力の乏しいと判断される未成年者は、自分一人で脱毛エステに通うことが出来ません。
必ず保護者・親権者の同意を得てからでないといけないのです。

 

法律でも簡単な契約行為除き、必ず未成年者は何か契約をするときには
親権者の許可を得て、その親権者が何かあったときに責任を取ることになっています。

 

許可したことを証明するためには、脱毛エステの場合だと次のようなものが必要になってきます。

 

同意書は必須

 

親御さんから了承をもらえたら、次に用意しなければいけないのがこの同意書というもの。

 

お店によっては、インターネット上にある公式サイトのコーナーで
同意書の紙を印刷することができるように、ダンロードできるページがあります。
もしない場合は、それぞれの店舗へ足を運んで用紙をもらってきましょう。

 

専用の紙を容易できたら、今度は親御さんにサインをしてもらいます。

 

後日、それを持っていって親権者から同意を得た上で脱毛コースを契約したい
という意思表示を行いましょう。その際には、両親といっしょにご来店ください。