ムダ毛の自己処理は肌によくない!

ムダ毛の自己処理は肌によくない!

多くの方のムダ毛処理で使われているカミソリは、痛みもなく簡単に利用できるのが最大の特徴ですよね。
処理もスピーディにできますし、美容クリニックやサロンで処理するように費用もかからず手軽に使えるメリットもあります。

 

しかし、カミソリでムダ毛を処理すると、肌への影響が大きいというのをご存知ですか?

 

カミソリでの処理は、「ムダ毛が伸びてきたら剃る」というのを繰り返しますよね。
剃ったあとに、肌が痒くなったり、乾燥したり、赤くなったりしたことはありませんか?
使っているときはムダ毛を剃っているだけの感じがしますが、実はムダ毛と一緒に肌の表面も削ってしまっているんです。

 

つまり、肌の表面にある角質をカミソリで削っているということになるんですよ。
角質が剥がれてしまうと、肌内部の水分が保持できなくなって乾燥してしまい、肌が炎症を起こしたような状態になるので、痒くなったり赤くなったりしてしまいます。

 

肌はこのように外部からの刺激から弱くなってしまうと、メラニンを集めて緩和しようとする機能がありますが、それが原因で、黒ずみができてしまうこともあるんですよ。
ムダ毛を処理して肌がきれいに見えるようにしたはずなのに、肌トラブルが起きてしまうと意味がありませんよね。

 

また、カミソリの使い方によっては、毛穴を拡げてしまう場合もあるので、正しい使い方を身につけて、できるだけ肌への負担をかけないようにムダ毛処理をしなくてはなりません。

 

最近ありがちなカミソリの刃が何枚もついているものは、確かに剃る力は強いですが、その分肌への負担も大きくなってしまいます。
できるだけ一枚刃で、肌に優しいセーフティガードがついているものを使うようにするといいですよ。

 

剃るときには、毛の流れと逆に剃っていませんか?
きれいに仕上がるので、逆剃りする人は多いと思いますが、逆剃りは、毛の生えている方向と逆方向にカミソリを進めていくので、毛穴を拡げてしまうことになります。
何度も剃っているうちに、毛穴自体を傷つけてしまうとぱっくり開いて目立ってしまうので注意が必要です。

 

置きっぱなしになっているカミソリを使い続けるのも、切れ味が鈍っていればいるほど肌への負担が大きくなるので、定期的に交換して清潔さを保つようにしましょう。

 

あなたは、間違ったカミソリの使い方をしていませんでしたか?
ムダ毛処理でカミソリを使っているなら、正しく使って今後の処理に役立ててみてくださいね。